特徴

1.労働力の大幅軽減により小規模経営が成り立ちます。

  • 全ての栽培作業が立った姿勢で行うことができるため疲労度がすくなく長期の農業就労(高齢)が出来ます。
  • 通路幅が十分確保されているので市販の台車等が活用がで、作業効率が良いです。
  • 小規模(少人数)で大面積の栽培管理ができます。

2.管理は土耕栽培と同じです。

  • 立った姿勢で近い目線で農作物の状況を観察でき病気、害虫に備えることが出来ます。
  • 作業内容は従来の慣れた土耕栽培と同じです。

3.品質向上生産量が増します。

  • 従来の植えつけ苗数と同等以上です。
  • 土耕の風味が出せます。土の特性を生かせます。
  • 栽培容器の間隔があることより果実の生育エリアが確保されます。
  • 地面に触れないので清潔です。

4.病害虫による被害がすくなくなります。

  • ねずみ返し、によりねずみが登れません。
  • 苗が独立しているので、病気箇所の培地ごと除去することにより、病気の蔓延を防止できます。

5.低コストで設備設置運営が出来ます。

  • 既存の農業ハウスに対応できます。
  • 従来の灌水設備を転用できます。
  • 培地は従来の耕作土を使用します。
  • わかりやすい仕組みなので、誰でも簡単に設置できます。
  • 部分的な設置、増設が簡単にできます。試験的にできます。
  • 間口2軒の小型ハウスでも栽培できるためハウスの設置コストが低くなります。
  • 小型ハウス対応のため暖房費がかかりません。
  • 耕運機等の農機具は使いません。

6.観光農園いちご狩りにも対応できます。

7.次期作の準備が簡単です。

  • システム及び培地はこのままで次期作の準備ができます。

8.他の農作物でも活用できます。

  • トマトのバック栽培。
  • ごぼうの栽培

9.その他

  • 家庭菜園で活用できます。
  • 産廃が少なくなります。